ラッキードスケベ!

もしもラッキードスケベを引き寄せることができたら・・・というifが実現してしまったというストーリーです。
作者はかわいい女の子に定評があるまろん☆まろんさんの安定の作画で、思わず表紙買いしてしまいました。
主人公はダメ人間のヒロシ。30過ぎてフリーターをやっているような典型的なダメっぷりです。
が、まろん☆まろんさんの漫画の主人公って後半化けるんですよね。
主にヤることヤって自信をつけた主人公が無双します笑
「ラッキードスケベ!」もその流れをくんでいますが、歴代主人公にはなかったオークチンコなるものを持っています。
ネーミングからしてアホすぎますが、まあそれだけ巨大という事でしょう・・・

ラッキードスケベは本来ならヒロシが友達になる事すらできないような美人が次々とエロい展開になっていきます。
これを可能にしているのが、ヒロシがフリーマーケットで購入したお守り。
ただの古ぼけたお守りかと思ったら、落暉スケベを引き寄せるお守りだったのです。
このお守りはラッキースケベを引き寄せるだけではなく、ヒロシの想いのままのシチュエーションを実現する力がありました。
例えば喫茶店に入ったら人気の女優がいると思えばその通りになり、しかも勝手に発情してくれたりします。
極めつけは駅を通りかかった時偶然アイドルが撮影をしており、そこにエキストラとして参加することも可能になってしまいます。
もちろんここでもラッキードスケベが発動して、カメラの前でアイドルにすごいことをしてしまいます。
でも、誰も止めません。それどころかヒロシにもっとやれと焚きつけてきたりするのです。

常識なんて道端に捨ててきたようなヒロシとそれを見て見ぬふりをする人々。
まさにあり得ないレベルのご都合主義ですが、無茶が通れば通が引っ込むというか、結構何とかなっています。
まろん☆まろんさんの漫画は展開が結構強引ですが、この強引さが非日常感を加速させてくれるので、結果として面白いです。
孕ませ合法化!のころからまろん☆まろんさんの漫画は読ませてもらっていましたが、「ラッキードスケベ!」が一番面白いです。
しかも、ラッキードスケベは前編と後編に分かれており、まだ前編しか公開されていません。
多分夏には後編も公開されると思いますが、今から待ち遠しいです!
ラッキードスケベ!(まろん☆まろん)

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ

授業中に昼寝をしていたら怪しいコスプレ女神が出てきて変な能力をもらってしまった!?
冒頭からいきなりぶっ飛ばしている「委員長、さっきトイレテオなってたでしょ」ですが、変な夢の後もなかなかアクセル全開です。

夢の中のコスプレ女神はイシュタルと名乗り、主人公に「イッた回数が判る能力」を授けてくれます。
・・・これって何の役に立つんですかね。
あの清純な子がこんなにイキまくっていたなんて、という妄想は捗りそうですが、それ以外の使い道が思いつきません。
ちなみに、この能力は男のイッた回数もわかってしまいます。
うわ、要らねえ・・・
この使い道に困る能力ですが、「委員長さっきトイレでオナってたでしょ」では使い道がありました。
清楚で可愛い委員長が授業中にトイレに行って戻ってきたらイった回数が増えていたのです。
これは脅すネタに使えると思ってしまいますが、ちょっと問題があります。
実は他の人にはこのイッた回数が見えないのです。
物的証拠能力は皆無なので、相手にシラを切られたら意味がありません。

ではどうするかと考えた結果、直接聞いてカマかけてみることにしました。
「委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?」と聞いて動揺すればアタリ。
シラを切られたら撤退という何とも雑な使い方です。
しかし、こんな雑な作戦でも委員長には効果抜群でした。
動揺したあまり鞄の中身をぶちまける委員長。
すると中からバイブが転がり出てきたのです。
学校にバイブかよ、委員長!?
自爆して決定的証拠を差し出すかたちになった委員長ですが、これは同情しようがない・・・笑
委員長の自爆のおかげで、委員長がトイレでオナってたことを間接的に認めさせた主人公。
後は委員長を煮るなり焼くなり好きにする・・・と思ったらイカせただけで終わってますよ・・・
ヘタレ主人公と思ってしまいましたが、主人公には主人公の目的があったようです。
それは、目の前で委員長をイカせて「イッた回数」が増えることを確認したかったのです。

これさえ確認しておけば、他の女の子にも同じ手が通用すると考えたのでしょう。
まあ、考え方の方向性は間違ってはいませんが、それってその場でエッチしても確認できることじゃない?
まあ、楽しみは後にとっておいた方がいいってことなのでしょうか?
委員長、さっきトイレでオナってたでしょは展開が斜め上っぽいことが多いので、エッチ位はゆっくりねっとりやって欲しいですね。

解放特区学園エンコー部の部活がすでにヤバいレベル

解放特区学園エンコー部は特別な解放特区内にある学園の部活を描いた漫画です。
タイトルにもなっている「解放特区」(開放特区ではない模様)は、あらゆる規則から解放された区画なのです。

科学技術が発達し、ほとんどすべての病気などが克服された時代になると、エッチを妨げるのは倫理観だとかそういったものだけになってきます。
しかし、いくら科学技術が発達したとはいえ、そういった倫理観まで捨て去ってしまってちゃんと社会として成り立つのか、という疑問は解消されませんでした。

そこで、行政は「解放特区」を作り、この特区内ではあらゆる規則が無効化されるとしたのです。
ちなみに、この解放特区は意外に広く、都市ひとつがすっぽりと収まるほか、海洋にも設定されて無人島なども含まれています。
要するに疑似的な都市国家をつくり、そこで壮大な実験を試みたのです。

ちなみに、この試みは目下のところうまくいっており、治安も良好で平和でエッチな街になっています。
作中で言及されているように、もともと普通の都市だったところを解放特区にしていしたので、最初はみんな戸惑ったようです。
特に解放特区内にある学園の制服はかなり過激なので、女の子たちは最初のうちはかなり戸惑ったようです。
しかし、みんな同じ格好をしていますし、あの時にやりやすいという理由で今では異論を唱える人はいません。
それに、制服以上に過激な服もたくさんあるので、みんな慣れてしまったのです。

解放特区学園のエンコー部はそんな過激の最先端を行くような部活であり、学内だけではなく、学外でもエンコーするようになっています。
もちろん、解放特区内だけですが・・・

この開放特区のすごいところは、何をしてもOkなのにきちんと秩序が保たれているところです。
尤もわざわざ治安を乱すようなことをしなくても、ほとんど事が出来てしまうのでお金さえあればこの開放特区は楽園と言ってもいいのかもしれません。
解放特区学園エンコー部はこちらから見れます。

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避は乗馬部の女子にイタズラしちゃったら大変なことになってしまった漫画です。

主人公は乗馬部で唯一の男子生徒で、他の部員は全てお嬢様。
男は一人だけなのでモテモテかというと現実は真逆で、アゴで使われる下っ端の身分だったのです。
乗馬できるのは女子のみ。
主人公は馬にすら乗せてもらえないほど待遇が悪いです。
しかし、これを乗馬女子の問題とすることはできません。
なぜなら、主人公は言われたことを忘れているなど、かなり抜けているところがあったからです。

その日も乗馬用の鞍の清掃をしなければいけなのですが、部長の天王寺さんに指摘されるまで忘れていたのです。
今日中にやっておくようにと言われて渋々作業をする主人公。
みんなが帰った後も必死に作業してようやくあと2つというところまで来ます。

残っている鞍は天王寺さんとナマイキ後輩の都ちゃんのものです。
都ちゃんには毎日のように蹴られたりしているので正直ムカついていたのですが、体つきは1、2を争うほどエロいのも事実です。
(あの子たちの騎乗位って気持ちいいんだろうな)
なんて思っていた時、清掃用具の中にあるアイテムを見つけます。

それは馬用興奮剤。
なぜこんなものが清掃用具に混じっているのかは不明ですが、この興奮剤はクリームタイプなのでワックス代わりに鞍に塗りこめそうです。
ふとイタズラ心に火がついた主人公。
本当に天王寺さんと都ちゃんの鞍に馬用興奮剤を塗り込んでしまいます。

翌日、そんなイタズラをしたことも忘れていたのですが、乗馬している都ちゃんの様子がおかしいことに気が付きます。
乗馬の仕方も変ですし、よく見ると鞍がびしょびしょ。
なんと都ちゃんは騎乗したときの馬の振動で感じていたのです!

どうやらワックス代わりに使った興奮剤が効果を発揮したようです。
しかし、効きすぎてしまって都ちゃんは乗馬どころではありません。
仕方なく都ちゃんをバックヤードに連れていく主人公。
しかし、馬用興奮剤の効力はとんでもなく、都ちゃんは興奮しまくりです。

おねだりしてくる都ちゃんが可愛すぎてつい手を出してしまう主人公。
なんと都ちゃんは騎乗位でやりたがるのです。
乗馬女子ってエッチの時もこの体位が好きなんですかね?
しかも都ちゃんの騎乗位はエロすぎて発射不可避なのです!

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避

ガ○にもどってやりなおしっ!!!

ガ○にもどってやりなおしっ!!!は大人の頭脳のままガキに戻ってしまった男が女の子たちに復讐する漫画です。

gakinimodotte
著者:まろんまろん

主人公は小さいころ女からイジめられたせいで、女の人が怖くなってしまい、遂には女の子と話すだけでも苦手意識を持ってしまいます。

女の人が怖いので学校は全て男子校。
家にいるといつも姉にからかわれるので全寮制を選んで進学していました。
そして、仕事も男ばかりの職場を選んでいます。
このまま老いていくんだと思っていた矢先、姉が結婚するから式場に来いと連絡が入ります。
仕方なくいってみると、そこには主人公をいじめていた女たちが勢揃いしていたのです。

もちろん、姉はそれを仕組んだわけではないのですが、それだけ主人公が周囲からいじめられていたということでしょう。
自分の黒歴史を思い出すしかない面々と出会い、耐えられなくなった主人公は式場から逃げ出してしまいます。
そして、階段から転げ落ち、気づいた時にはガキにもどっていたのです。

理由は不明ですが、完全にタイムスリップした主人公は人生のやり直しを目論みます。
幸い記憶は失っていなかったので、ガキに戻ってやりなおしというタイトル通り、自分の未来を変えようとします。

未来を変えることがどんな結果をもたらすのか、それは主人公にも判りません。
それでも、このまま暮らしていたらかつてと同じ暗い未来を歩むことは疑いありません。
あんな人生はまっぴらだと思った主人公は、まずは自分をいじめていた子一人ずつに復讐をします。

もちろん復讐は主目的ではないのですが、そうしないと気が済まなかったのです。
思いつく限りの復讐を実行する主人公。
すると、いじめっ子との立場が逆転し、徐々に未来が切り替わっていきます。
しかし、それは知らなくてもいい事実を知ることにもなってしまいます。

主人公をイジメて暗い未来を押し付けた真犯人がいたのです。
その犯人は主人公のことが嫌いで嫌いで仕方なく、悪意を持って主人公へのいじめを仕組んでいたのです。
その事実を知った主人公は絶望します。
しかし、かつてのようになりたくないと強く思う主人公は真犯人との対決を選びます。

このころにはいじめっ子たちも主人公の手ごまになっていたので、この子らを使って真犯人に復讐を始めます。
そして、復讐が終わったころには・・・?

【誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろ】

誰もオレが判らないならエッチな悪戯しまっくても問題ないだろは存在を無視されるようになってしまった男が欲望を満たすためだけにJKに悪戯しまくる漫画です。

daremo-orega-wakaranai

作者:とらいあんぐる!

主人公は取り立てて特徴のないサラリーマン。
あまりに特徴がなさすぎて影が薄くなり、遂には全ての人から存在を認識されないほどになってしまいます。
誰からも相手にしてもらえないという、社会的には死を意味する状態なのですが、何故か大喜びのサラリーマン。

実は女の子にモテたことのないこの男は、誰からも無視されるようになったのをいいことに女の子にエッチな悪戯をしまくることを考えていたのです。
タイトルの「誰もオレが判らないなら・・・」はこういうところからきています。

男は学生時代の夢、ハーレムを実現するために美少女ばかりと評判の学園に入り込みます。
そこは噂通り可愛い女の子がいっぱい。
しかも、みんなJKとは思えないほど発育が良く、すぐにも子作りできそうな子ばかりです。

男は早速着替え中の女の子でイタズラ開始!!
驚いたことに、おっぱいを好き放題に揉まれても女の子は全く気がつきません。
それどころか、おっぱいを揉まれながら友達と談笑しています。
さらにすごいことに、その友達も全く気がつかないのです。

試しにぶっかけてみても全く気付かれません。
これなら、ナカに出してもOKなんじゃ・・・と思ってヤってみたら、実際に問題ありませんでした。
どんなになかだししても誰も気がつかないのです!

これは・・・最高だ!!

男は手当たり次第に女の子に手を出して好き放題ふるまいます。
学園中の女の子がドロドロになってしまった姿は圧巻です。