飼育小屋少女

ある田舎に赴任してきた男性教師が主人公の漫画です。
彼の任地は何の変哲もない田舎だったはずでした。

しかし、その土地には彼が見たこともない「獣」がいたのです。
その「獣」は人間そっくり。
外見は人間そのものですが、言葉はしゃべれず、人間とは明確に区別されていました。
その「獣」はおとなしいためか、鶏のような感覚で飼われており、彼が赴任した学校でも飼育小屋で飼われていたのです。

彼がみた「獣」の名前はミミ。
一見すると少女と見分けがつかないのですが、学校を案内してくれた先任者は「獣ですよ」と言って気にしていません。
しかし、彼はその「獣」ミミに一目ぼれしてしまったのです。
ミミは小柄で胸も小さいのですが、つぶらな瞳と子供っぽい表情がとにかく可愛かったのです。
しかし、ミミはこの土地ではニワトリのような存在。
飼育小屋で寝起きして、雄と交尾して過ごす毎日だったのです。
彼は抗議しようとしますが、都会でも学校で飼っているニワトリが交尾していたところで誰も気にしません。
それと同じで彼の講義も無視されるか、さもなくば笑われるしかありません。

しかし、彼のミミに対する想いは日に日に高まっていきます。
学校が終わって見回りをしている彼は毎日のようにミミのいる飼育小屋によって少女の様子を見ていたのですが・・・
見れば見るほど人間そっくりの少女。
そんな少女が飼育小屋にいるというアンバランスさ。

何とかしてこの少女が欲しいと思った彼はある晩、飼育小屋に向かい、ミミに手を出してしまいます。
ミミも彼が来たことがうれしいらしく、彼を受け入れてくれるのですが・・・
背徳的で情熱的な教師と飼育小屋少女の恋はこちら