八百万姦

八百万姦は神隠しというかたちで異世界に迷い込んだ女子大生を描いたprhsさんの漫画です。
主人公である友里恵は、あるきっかけで神々の世界に迷い込んでしまいます。
全く知らない世界に迷い込んだ友里恵はおろおろするばかり。
まあ、仕方がないでしょう。
誰だって知らない場所に迷い込んだら混乱してしまいます。
パニックにならなかっただけよかったということでしょうか。
しかし、だからと言って八百万姦から逃げられるわけではありません。
現実問題として、友里恵は八百万姦の世界から逃げる手段を奪われてしまいます。
八百万姦の世界の住人によって騙され、借金まで背負わされてしまいます。
まあ、悲惨な状況と言ってしまっていいでしょう。
この悲惨な状況で友里恵の心の支えとなったのは、友里恵と同じ状況に陥っている子が他にもいたということ。
彼女たちも借金を返済するために八百万姦の世界で働いてるのです。
そして、彼女たちによると、借金返済さえすれば元の世界に戻ることができると言います。
そのためには神様たちの相手をしてお金を稼がないといけないのです。
これはきついことですが、きちんと働いていれば必ず帰れるという情報は友里恵の希望の光となります。
しかし、それがいつになるのかは友里恵にもわかりません。
何故なら借金額自体を友里恵も知らないのです。
八百万姦の住人たちがその気なら友里恵をだますことも簡単なのです。
ですが、それを信じるしかないのが現在の友里恵なのです。

もうどうすることもできないほど困った状況なのですが、友里恵は無事に元の世界に変える事ができるのでしょうか?
それを知る事ができるのは八百万姦の住人だけなのです。

ラッキードスケベ!

もしもラッキードスケベを引き寄せることができたら・・・というifが実現してしまったというストーリーです。
作者はかわいい女の子に定評があるまろん☆まろんさんの安定の作画で、思わず表紙買いしてしまいました。
主人公はダメ人間のヒロシ。30過ぎてフリーターをやっているような典型的なダメっぷりです。
が、まろん☆まろんさんの漫画の主人公って後半化けるんですよね。
主にヤることヤって自信をつけた主人公が無双します笑
「ラッキードスケベ!」もその流れをくんでいますが、歴代主人公にはなかったオークチンコなるものを持っています。
ネーミングからしてアホすぎますが、まあそれだけ巨大という事でしょう・・・

ラッキードスケベは本来ならヒロシが友達になる事すらできないような美人が次々とエロい展開になっていきます。
これを可能にしているのが、ヒロシがフリーマーケットで購入したお守り。
ただの古ぼけたお守りかと思ったら、落暉スケベを引き寄せるお守りだったのです。
このお守りはラッキースケベを引き寄せるだけではなく、ヒロシの想いのままのシチュエーションを実現する力がありました。
例えば喫茶店に入ったら人気の女優がいると思えばその通りになり、しかも勝手に発情してくれたりします。
極めつけは駅を通りかかった時偶然アイドルが撮影をしており、そこにエキストラとして参加することも可能になってしまいます。
もちろんここでもラッキードスケベが発動して、カメラの前でアイドルにすごいことをしてしまいます。
でも、誰も止めません。それどころかヒロシにもっとやれと焚きつけてきたりするのです。

常識なんて道端に捨ててきたようなヒロシとそれを見て見ぬふりをする人々。
まさにあり得ないレベルのご都合主義ですが、無茶が通れば通が引っ込むというか、結構何とかなっています。
まろん☆まろんさんの漫画は展開が結構強引ですが、この強引さが非日常感を加速させてくれるので、結果として面白いです。
孕ませ合法化!のころからまろん☆まろんさんの漫画は読ませてもらっていましたが、「ラッキードスケベ!」が一番面白いです。
しかも、ラッキードスケベは前編と後編に分かれており、まだ前編しか公開されていません。
多分夏には後編も公開されると思いますが、今から待ち遠しいです!
ラッキードスケベ!(まろん☆まろん)

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ

授業中に昼寝をしていたら怪しいコスプレ女神が出てきて変な能力をもらってしまった!?
冒頭からいきなりぶっ飛ばしている「委員長、さっきトイレテオなってたでしょ」ですが、変な夢の後もなかなかアクセル全開です。

夢の中のコスプレ女神はイシュタルと名乗り、主人公に「イッた回数が判る能力」を授けてくれます。
・・・これって何の役に立つんですかね。
あの清純な子がこんなにイキまくっていたなんて、という妄想は捗りそうですが、それ以外の使い道が思いつきません。
ちなみに、この能力は男のイッた回数もわかってしまいます。
うわ、要らねえ・・・
この使い道に困る能力ですが、「委員長さっきトイレでオナってたでしょ」では使い道がありました。
清楚で可愛い委員長が授業中にトイレに行って戻ってきたらイった回数が増えていたのです。
これは脅すネタに使えると思ってしまいますが、ちょっと問題があります。
実は他の人にはこのイッた回数が見えないのです。
物的証拠能力は皆無なので、相手にシラを切られたら意味がありません。

ではどうするかと考えた結果、直接聞いてカマかけてみることにしました。
「委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?」と聞いて動揺すればアタリ。
シラを切られたら撤退という何とも雑な使い方です。
しかし、こんな雑な作戦でも委員長には効果抜群でした。
動揺したあまり鞄の中身をぶちまける委員長。
すると中からバイブが転がり出てきたのです。
学校にバイブかよ、委員長!?
自爆して決定的証拠を差し出すかたちになった委員長ですが、これは同情しようがない・・・笑
委員長の自爆のおかげで、委員長がトイレでオナってたことを間接的に認めさせた主人公。
後は委員長を煮るなり焼くなり好きにする・・・と思ったらイカせただけで終わってますよ・・・
ヘタレ主人公と思ってしまいましたが、主人公には主人公の目的があったようです。
それは、目の前で委員長をイカせて「イッた回数」が増えることを確認したかったのです。

これさえ確認しておけば、他の女の子にも同じ手が通用すると考えたのでしょう。
まあ、考え方の方向性は間違ってはいませんが、それってその場でエッチしても確認できることじゃない?
まあ、楽しみは後にとっておいた方がいいってことなのでしょうか?
委員長、さっきトイレでオナってたでしょは展開が斜め上っぽいことが多いので、エッチ位はゆっくりねっとりやって欲しいですね。

解放特区学園エンコー部の部活がすでにヤバいレベル

解放特区学園エンコー部は特別な解放特区内にある学園の部活を描いた漫画です。
タイトルにもなっている「解放特区」(開放特区ではない模様)は、あらゆる規則から解放された区画なのです。

科学技術が発達し、ほとんどすべての病気などが克服された時代になると、エッチを妨げるのは倫理観だとかそういったものだけになってきます。
しかし、いくら科学技術が発達したとはいえ、そういった倫理観まで捨て去ってしまってちゃんと社会として成り立つのか、という疑問は解消されませんでした。

そこで、行政は「解放特区」を作り、この特区内ではあらゆる規則が無効化されるとしたのです。
ちなみに、この解放特区は意外に広く、都市ひとつがすっぽりと収まるほか、海洋にも設定されて無人島なども含まれています。
要するに疑似的な都市国家をつくり、そこで壮大な実験を試みたのです。

ちなみに、この試みは目下のところうまくいっており、治安も良好で平和でエッチな街になっています。
作中で言及されているように、もともと普通の都市だったところを解放特区にしていしたので、最初はみんな戸惑ったようです。
特に解放特区内にある学園の制服はかなり過激なので、女の子たちは最初のうちはかなり戸惑ったようです。
しかし、みんな同じ格好をしていますし、あの時にやりやすいという理由で今では異論を唱える人はいません。
それに、制服以上に過激な服もたくさんあるので、みんな慣れてしまったのです。

解放特区学園のエンコー部はそんな過激の最先端を行くような部活であり、学内だけではなく、学外でもエンコーするようになっています。
もちろん、解放特区内だけですが・・・

この開放特区のすごいところは、何をしてもOkなのにきちんと秩序が保たれているところです。
尤もわざわざ治安を乱すようなことをしなくても、ほとんど事が出来てしまうのでお金さえあればこの開放特区は楽園と言ってもいいのかもしれません。
解放特区学園エンコー部はこちらから見れます。

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避は乗馬部の女子にイタズラしちゃったら大変なことになってしまった漫画です。

主人公は乗馬部で唯一の男子生徒で、他の部員は全てお嬢様。
男は一人だけなのでモテモテかというと現実は真逆で、アゴで使われる下っ端の身分だったのです。
乗馬できるのは女子のみ。
主人公は馬にすら乗せてもらえないほど待遇が悪いです。
しかし、これを乗馬女子の問題とすることはできません。
なぜなら、主人公は言われたことを忘れているなど、かなり抜けているところがあったからです。

その日も乗馬用の鞍の清掃をしなければいけなのですが、部長の天王寺さんに指摘されるまで忘れていたのです。
今日中にやっておくようにと言われて渋々作業をする主人公。
みんなが帰った後も必死に作業してようやくあと2つというところまで来ます。

残っている鞍は天王寺さんとナマイキ後輩の都ちゃんのものです。
都ちゃんには毎日のように蹴られたりしているので正直ムカついていたのですが、体つきは1、2を争うほどエロいのも事実です。
(あの子たちの騎乗位って気持ちいいんだろうな)
なんて思っていた時、清掃用具の中にあるアイテムを見つけます。

それは馬用興奮剤。
なぜこんなものが清掃用具に混じっているのかは不明ですが、この興奮剤はクリームタイプなのでワックス代わりに鞍に塗りこめそうです。
ふとイタズラ心に火がついた主人公。
本当に天王寺さんと都ちゃんの鞍に馬用興奮剤を塗り込んでしまいます。

翌日、そんなイタズラをしたことも忘れていたのですが、乗馬している都ちゃんの様子がおかしいことに気が付きます。
乗馬の仕方も変ですし、よく見ると鞍がびしょびしょ。
なんと都ちゃんは騎乗したときの馬の振動で感じていたのです!

どうやらワックス代わりに使った興奮剤が効果を発揮したようです。
しかし、効きすぎてしまって都ちゃんは乗馬どころではありません。
仕方なく都ちゃんをバックヤードに連れていく主人公。
しかし、馬用興奮剤の効力はとんでもなく、都ちゃんは興奮しまくりです。

おねだりしてくる都ちゃんが可愛すぎてつい手を出してしまう主人公。
なんと都ちゃんは騎乗位でやりたがるのです。
乗馬女子ってエッチの時もこの体位が好きなんですかね?
しかも都ちゃんの騎乗位はエロすぎて発射不可避なのです!

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避

つゆ籠り 濡れ透け巫女

つゆ籠り 濡れ透け巫女はある雨の日に出会った巫女さんの物語です。

就職祈願に神社に立ち寄った男が出会ったのは可愛い巫女さんでした。
彼女はユリの花を取りにっていたらしく、全身びしょ濡れ。
それでも参拝に来た男を見つけて優しく微笑んでくれます。
「子宝祈願ですね?いい子が授かりますように!」

ん・・・?
子宝?
どうやらここは子宝祈願をする場所であり、就職祈願は受けていなかったようです。
あまりの間抜けさにがっかりする男ですが、可愛い巫女さんに眼を奪われっぱなしです。
・・・そんなことしてるから就職できないのだよ

しかし、巫女さんは本当に可愛く、可憐な子でした。
傘もささずにユリを取に言ったせいか、巫女服はびしょ濡れ。
濡れた巫女服にうっすらと白い素肌が透けています。

その瞬間、男は就職などどうでもよくなってしまいます。
男の目的は目の前の巫女さんとエッチすること!
「子宝祈願に来たんですね」なんて言われたら巫女さんと子作りしたくなってしまったのです。

突然のことに反応ができない巫女さん。
そのまま建物の中に引きずり込まれてしまいます。
建物の中で濡れた巫女服をはぎ取られてしまう濡れ透け巫女さん。
巫女服の上からでは判らなかったのですが、彼女は結構な巨乳です。

おっぱいやアソコを舐めまくっているうちに別の意味で濡れてきます。
男は濡れてきた巫女さんの初めてを奪い取り、そのままナカに出しまくります。

つゆ籠りというタイトル通り、御堂の中にこもってヤリまくる男と巫女さん。
ドロドロにされて濡れた巫女さんは心が折れてしまい快楽をおねだりするように・・・
全編を通して半脱ぎの巫女服が巫女さんの可愛さと可憐さを増幅してくれます。

濡れ透け巫女さんのつゆ籠りはこちら
つゆ籠り 濡れ透け巫女【ハイエロ】

飼育小屋少女

ある田舎に赴任してきた男性教師が主人公の漫画です。
彼の任地は何の変哲もない田舎だったはずでした。

しかし、その土地には彼が見たこともない「獣」がいたのです。
その「獣」は人間そっくり。
外見は人間そのものですが、言葉はしゃべれず、人間とは明確に区別されていました。
その「獣」はおとなしいためか、鶏のような感覚で飼われており、彼が赴任した学校でも飼育小屋で飼われていたのです。

彼がみた「獣」の名前はミミ。
一見すると少女と見分けがつかないのですが、学校を案内してくれた先任者は「獣ですよ」と言って気にしていません。
しかし、彼はその「獣」ミミに一目ぼれしてしまったのです。
ミミは小柄で胸も小さいのですが、つぶらな瞳と子供っぽい表情がとにかく可愛かったのです。
しかし、ミミはこの土地ではニワトリのような存在。
飼育小屋で寝起きして、雄と交尾して過ごす毎日だったのです。
彼は抗議しようとしますが、都会でも学校で飼っているニワトリが交尾していたところで誰も気にしません。
それと同じで彼の講義も無視されるか、さもなくば笑われるしかありません。

しかし、彼のミミに対する想いは日に日に高まっていきます。
学校が終わって見回りをしている彼は毎日のようにミミのいる飼育小屋によって少女の様子を見ていたのですが・・・
見れば見るほど人間そっくりの少女。
そんな少女が飼育小屋にいるというアンバランスさ。

何とかしてこの少女が欲しいと思った彼はある晩、飼育小屋に向かい、ミミに手を出してしまいます。
ミミも彼が来たことがうれしいらしく、彼を受け入れてくれるのですが・・・
背徳的で情熱的な教師と飼育小屋少女の恋はこちら

植物図鑑

主人公であるOLのさやかが、ある日の夜に偶然家の前で行き倒れていた樹という青年を拾い、同棲するということから始まる恋愛漫画です。
原作は図書館戦争などで有名な有川浩の小説であり、独特な世界観や雰囲気を上手く漫画で表現しています。

樹がさやかに対して、様々な植物の知識を披露し、普段私達が雑草として見向きもしない植物の意外な実態や、食材としての利用法などが紹介され、単なる恋愛劇ではないところは非常に魅力的です。
2人の仲がより親密になるに従い、さやかの植物の知識も増えていく点も見所だと思います。

樹は温和で優しいイケメンとして描かれており、ちょうどさやかのような、日常に疲れたOLさん向きの癒し系男子として描かれています。彼が料理をするシーンなどを見て、一家にひとり樹が欲しいとまで思えるでしょう。

漫画版は2016年3月現在2巻まで発売しており、樹が謎の失踪をするところで終わっています。おそらく3巻で完結すると思われますが、樹が失踪してからのさやかの落胆ぶりは大きく、悲劇的です。原作でもとても泣けるシーンであり、実際私はここで涙ぐんでしまいました。

ネタバレを防ぐため結末は書きませんが、毎日の仕事や人間関係に少し疲れを感じている方には特にお勧めしたい漫画だと思います。

H妹とド変態せっくすな日常

この漫画「H妹とド変態せっくすな日常」に登場するH妹の名前はナズナと言います。
ナズナなら頭文字はNなのですが、Hになっているのは単純にナズナがド変態なエッチ好きという理由です。
ストレートすぎるタイトルですが、内容を見るとこれでも言葉足らずというのが正直な感想です。

ナズナは学校では美人で成績もよくて優しい女の子として有名です。
もしミス○○があれば間違いなく優勝できること間違いなしの人気者です。
しかし、実際のナズナはエッチ大好きでドMなのです。

主人公に日常的に服従し、いじめられるのが趣味、というか生きがいになっている女の子です。
学校で被っている仮面がよほど重荷なのか、家出のド変態ぶりはすさまじいものがあります。
外での外聞がいいと、それを維持するためにさらにいい子にしないといけないという負のスパイラスのストレスは相当のモノのようです。

家でのナズナは誰かに服従し、指示されたりしていないと気が済まないのでしょう。
徹底的に被虐的になっており、どんな命令でも従順になってしまいます。
ナズナはそれが主人公への愛情表現と思い込んでおり、しかも主人公がそれを肯定的に受け止めるのでさらにそう思い込んでしまっています。

外では完璧美女を好きなようにできる征服感は相当なものです。
さらにナズナは主人公が喜ぶようなセリフを選んで言うのでさらに心地よくなれます。
こういうH妹が身近にいたら日常がとても楽しくなるんだろうなと思います。

ちなみに、作画はTJ Studioさんです。
カラー絵の綺麗さに定評があり、ナズナもとても可愛く描かれているのでおすすめです。

服従宣言がヤバ過ぎる

服従宣言
hukuzyu-sengen

著者:織田non

昔の情事の写真を見つけられてしまった人妻。
しかも悪いことに学生たちに見つかってしまいます。
もはや最悪と言っても異様な状況ですが、唯一の救いはまだ夫に見つかっていないことです。

しかし、これだけの人数に見つかってしまえばうわさが広がって夫に知られてしまうのも時間の問題です。
しかしそれだけは何としても回避したい人妻はある賭けに出るしかなくなります。
それは学生たちとの取引です。

学生たちの要求に応じる代わりに、写真を秘密にしておいてもらうことによって何とか秘匿をはかろうとおいものです。
しかしこれはもろ刃の剣であることは言うまでもありません。

下手すると学生たちにさらなる弱みを握られて悪い状況になりかねません。
それだけにいかに学生たちの要求をかわし、自分の要求を通すかがカギになります。
もちろん最終目的は写真を取り返して破棄してしまうことですが、学生たちがコピーを取っている可能性もあるので、どこまでうまくいくのか判りません。

しかし、やらないと夫にばれてしまうので、もはや逃げ道はありません。
消去法的な選択肢で学生たちとの取引を始めた人妻ですが・・・
世の中そんなに甘くありませんでした。
学生たちの方が1枚も2枚も上手だったのです。
結局取引に負けてしまった人妻は毎週金曜日に彼らに弄ばれてしまうことになります。

結局、服従宣言をさせられてしまった人妻はもう堕ちていくしかありません。